Tatehito's Blog

Webエンジニアの備忘録というか駄文。

自分には合わないかもしれない『ゼノブレイド2』感想 / 2020年5月27日

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

  • 発売日: 2017/12/01
  • メディア: Video Game

シナリオのネタバレありです。

3話までクリアしたのだけど、ちょっと僕には合わないゲームかもしれない・・・。

まず、前回の記事にも書いたけど、フィールド探索が苦痛そのもの。高低差があって目的地までの道のりがかなり分かりづらいので、時間をかけて探索しないといけないのだけど、その辺を徘徊している高レベルの敵に絡まれたら全滅は必死で、直前のランドマーク(チェックポイントみたいなもの)に戻されてしまう。

適正レベルの敵とは一生懸命戦うのだけど「もうちょっとで倒せそう・・・」というところで、周囲の敵がワラワラと新規参入してきて対応できず全滅してしまい、また戻される。そしてまた分かりづらいマップをイチからやり直し。いかんせん分かりづらいから、2度目でもそこそこ時間がかかる。無駄なことに時間を費やしてる感が否めず、探索する気が失せてしまった。景観とBGMの良さを、苦痛がオーバーキルしてる。

バトルは時間がかかる割に経験値やアイテムのリターンが少ないし、雑魚敵といえど全滅のリスクがあるので戦うメリットがほとんどない。だからフィールドでは敵を無視して全力で駆け抜けるのが正解になっちゃってる。せっかくバトルが面白いのに、バトルをするメリットをデメリットが大きく上回ってしまってるのは本当にもったいない。

シナリオが面白ければこれらのことも我慢できるけど・・・いまのところ面白さを感じない。うまく言語化できないんだけど、全体的に薄味というか、演出過剰に感じてしまう。

3話ラストは盛り上がりを見せようとしたイベントだったと思うんだけど、僕はその盛り上がりについていけなかった。敵味方どちらも必死なのは伝わってくるけど、必死になってる意味がわからないというか・・・、逆に冷めてしまった。天の聖杯まわりの謎が明らかになったら共感できるのだろうか・・・。

ヴァンダムさんの死についても心が全く揺さぶられなかった。レックスたちを逃がすために犠牲になったわけだけど、どうして出会って間もない小僧のために命を張ってんだ?と思ってしまった。あなたには守るべき傭兵団があるでしょーよ・・・と。

他にもUIがイマイチだったり宝箱の中身が飛び散ったり、細かい不満点はいろいろあるんだけど、とりあえず5話あたりまでは遊んでみようと思う。ただ・・・積んでしまう予感がビンビンするな・・・。

blog.tatehitolog.com