Tatehito's Blog

アプリ開発、ゲーム、子育て、etc・・・

夫婦で遊ぶ『あつまれ どうぶつの森』

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game

  • 発売日:2020年3月20日
  • プラットフォーム:Nintendo Switch
  • 開発元:任天堂
  • プロデューサー:野上恒さん(『スプラトゥーン』シリーズのプロデューサーでもあります。スゴイですね。)

3月20日に発売された『あつまれ どうぶつの森』を奥さんと一緒に遊んでいます。

シリーズファンの奥さんが購入し僕は遊ぶつもりは無かったのだけど、Switch1台で複数人協力プレイができると聞いて一緒に遊んでみることに。昨年から『SEKIRO』『DEATH STRANDING』『仁王2』などダークで「死」と隣り合わせのゲームばかりやっていたので、デスペナルティが無い平和すぎる世界に戸惑いつつも、夫婦のコミュニケーションツールとして悪くないかもと思い始めています。

f:id:tatehito-st:20200402001050j:plain

***

Switch1台で協力プレイをする場合、同じ無人島を共有する。協力プレイのやり方は簡単で、たぬきちからもらったスマホの機能を使って、Switchの別アカウントのプレイヤーを島に呼び出せばOK。フォロワー(呼び出されたプレイヤー)はアイテムを保持できないなど、出来ることが制限されるのだけど、コントローラーを振ることで瞬時にリーダーを切り替えられるので案外操作性は悪くない。

f:id:tatehito-st:20200402001214j:plain
深夜徘徊する夫婦

島を共有するが故に、資源が倍になるわけではないのが残念。ただ2人で遊べば資源の回収効率は良くなる。僕が木や石を叩き、ドロップした資源を奥さんが回収すれば、サクサク資源が集められる。

他にも、ハチに刺されると顔が腫れてしまうので(鬼畜ゲーばっかやってたので、刺されることによるペナルティが「顔が腫れる」だけなのには驚いた笑)、腫れを治す「おくすり」を渡してあげたり、地面から出てきたお金を譲り合ったり、奥さんが木を叩いて出現したクモを僕が網で捕まえたりと、夫婦の息を合わせて協力プレイに勤しんでいる。

f:id:tatehito-st:20200402001341j:plain
仲良くDIY

僕らは2人ともゲームが好きなので、よく一緒にゲームするけれど、こうしたリアルタイムの協力プレイはほとんどやったことがなかった。嬉しいような、恥ずかしいような、なんとも言えないむず痒さ。正直、『どうぶつの森』というゲーム自体は僕にハマらなかったんですが、このむず痒さを感じるために遊んでいます(苦笑)

***

ところで、本作の初週売上は188万本で、Switchソフト史上最高記録となったらしいです。

s.famitsu.com

もちろん、どうぶつの森のネームバリューやプロモーションの成果、そしてクオリティによってこの数字が達成されたことは言うまでもありませんが、コロナウィルスによる外出自粛ムード(要請)の影響も少なからずありそう。

趣味がゲームの我々夫婦にとしては、自宅待機でも仲良くゲームをして過ごすこともできますが、まだ小さい娘はそうはいきません。いつか娘とも一緒にどうぶつの森で遊びたいなと思いつつ、早くコロナウィルスが落ち着いて欲しいと思います。

(1092文字)