Tatehito's Programming Blog

プログラマによる技術寄り日記ブログ

MacBookProにアンチグレア保護フィルムを貼ったらストレスがなくなった

MacBookProのディスプレイは指紋や細かいゴミが付着しやすいです。たびたび眼鏡拭きなどで拭いていたのですが、ゴミはちょっとこすったくらいじゃ取れません。こすると表面のコーティングが剥がれてしまうという話も聞いていたので、怖くて強くこすることもできず。

なんとかできないものかなあと以前から思っていて、今更ながら保護フィルムを購入してみました。ディスプレイを保護するというより、指紋やゴミの付着を防止するのが目的なので、サラサラした手触りのアンチグレア(非光沢)保護フィルムを選びました。

購入したのはこちら。マイクロソリューションの『CRYSTAL VIEW NOTE PC DISPLAY FUNCTIONAL FILM』です。名前長いですね。

一ヶ月ほど使用したのですが、買って本当に良かった!指紋は全くつかないし、ゴミがついても思いっきり拭くことができるし、なぜもっと早く買わなかったのか後悔するレベル。

保護フィルムを貼るとディスプレイの見え方が若干変わりました(少し暗くなった)が、個人的には貼った後のほうが見やすく感じます。反射が抑えられているからかもしれません。

3000円台と少々お値段はしますが、めちゃくちゃ満足度が高かったので、MacBook新調の際には必ずセットで購入しようと思います。

貼るときはホコリにだけ気をつける

この手のフィルムを貼るのは苦手で、今回も苦戦しました。かなり時間がかかったのですが、貼った後で考えると、こんなに時間をかけなくても良かったと思います。

気泡やホコリが入らないようにしつつインカメラ用に空いた穴がズレないように貼るのはなかなか難しく、何度もやり直したのですが、製品説明にもあるように気泡はちょっとくらい入ってしまっても外に追い出したり時間経過でなくなるので、シビアにならなくても問題ないです。

ただホコリだけは入ってしまうとどうしようもないので、ホコリだけは入らないように気をつければ(ホコリのないお風呂場などで作業するのが良さげ)サクッと貼れると思います。